予算はどのくらいが一般的なの?

エンゲージリングの重要さと相場感覚の変化

男性にとっても女性にとってもエンゲージリングを渡す瞬間、渡される瞬間というのは緊張が溢れるものです。互いに想い合っている仲だと信じるからこそ男性も大枚を叩いてよりよいエンゲージリングを女性にプレゼントしようと努力します。女性にとっても男性が選んでくれたエンゲージリングをプレゼントされるのは嬉しいものであり、美しいダイヤモンドがあしらってあると心躍らせるものです。この選び方を成功させることでカップルの仲もさらに良くなることでしょう。
エンゲージリングの相場は男性の給料三ヶ月分と言われてきました。しかし、時代の変遷とともにその傾向にも変化が生じてきており、人によって大きく差異が生じるようになっているのが現状です。

エンゲージリングの新たな流れ

エンゲージリングを予め調達しておいて、周到に計画されたタイミングで女性にサプライズとして渡すというのが多くの人が思い描くプロポーズのあり方でした。そのためには男性が予めエンゲージリングを選ぶ必要がありますが、ファッションについてあまり関心のない男性には選ぶのが難しいことも増えてきています。また、女性側が現実的な視点からエンゲージリングの費用を節約することを考えることも多くなりました。
そういった影響を受けて、プロポーズを行う前からカップルでエンゲージリングについて相談することも増えてきています。給料三ヶ月分どころか数千円の指輪でよいという結論にいたるカップルも見られるほどであり、値段よりも気持ちや形式にこだわる流れが生まれてきています。