エンゲージリングにダイヤは必要?

エンゲージリングの意味

エンゲージリングの意味や由来は、知っているようでいて知らないものです。結婚とは、本来は一生に一度の永遠の愛を誓うものであり、指輪は永遠に途切れない愛の象徴でした。また、以前は結婚よりも婚約の方が重要視されており、紀元前のローマにおいて、その誓いの儀式の場で鉄の輪を贈ったのが、エンゲージリングのルーツと言われています。
また、薬指にはめることにも意味があり、心臓につながっている左手の薬指は、愛のパワーがあるとの言い伝えがあります。結婚により、永遠に愛し合えるようにとの願いを込めて、左手の薬指にする風習が出来ました。また、薬指には創造する力があるとも考えらえており、新しい家庭を築く意味や願いも込められています。

ダイヤモンドが人気な理由

エンゲージリングは、必ずしもダイヤモンドでなければダメだという訳では決してありません。しかし、ダイヤモンドが人気なのも事実です。ダイヤモンドは、天然の物質の中で最も硬いと言われています。その為、傷つくことなく永遠の輝きを放つことから、エンゲージリングの定番になりました。永遠の愛を誓う象徴としてのエンゲージリングには、正にふさわしい宝石なのです。また、非常に高価な宝石の為、婚約式などの重要な席に、特別な意図を込めて用いられる意味合いもあります。
しかし、決してこだわる必要はない為、真珠や自分の誕生石などを用いる場合もあります。また、ダイヤモンドだけでなく、他の宝石と一緒に組み合わせるデザインの物もあり、その種類は様々です。